いくらかかるのか

突如として起こるトイレのつまり。その不便さは言うまでもありませんが、突然の出費に頭を痛める人も多いかと思います。一体トイレのつまりの解消にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。

便器自力で直す場合はホームセンターなどでラバーカップ(いわゆる、トイレのスッポン)、パイプブラシ、重曹などのトイレのつまりに効くとされる用具を買い揃えます。3000円くらい持っていけば足りると思います。業者に頼んだ場合、各社によって値段がまちまちですが、安いところで基本料金が5,000円程度というところが多いようです。

業者に頼む場合は、最初にどれくらいの規模の作業を行って、どれくらいの金額がかかるのか見積もりをハッキリ出してもらうことが重要です。また、追加で費用がかからないことを念押しするも大切でしょう。そのためには前もってネットや口コミなどを使って良心的な業者を選ぶことが重要です。比較サイトなどもありますので是非利用してみてください。

トイレの構造は素人が思っている以上に複雑なため、プロの業者に見てもらわなければいけないケースが多々あります。自分で直して安上がりに済ますつもりが状況を悪化させて、結局高くついてしまう場合も珍しくありません。

 

業者さんに任せていれば、1時間もかからず、費用も少しで済むはずだったものを、

自分で解決しようと間違った方法で事態を悪化させてしまってからでは、費用も時間も倍以上かかってしまう……、ということも珍しくないのです

 

直せないと判断したら、無理せずにすぐに業者を呼ぶようにしましょう。水回りのトラブルは緊急対応ですので、比較的すぐに来てくれるはずです。

Pocket