業者を選ぼう

トイレのつまりの解消には専門的知識が必要不可欠。プロの迅速な対応で次からの使用にも不安が無くなります。しかし、調べてみると世の中には多くの業者が存在することが分かります。一体どの点に注意して業者を選ぶべきなのでしょうか。

パソコンまず一番わかりやすいのは口コミやネットでの評判です。そして、料金体系の明確さを重要な点の一つでしょう。実際にあったときの対応や態度などで不信感を持った業者には出来るだけトイレを触らせたくありませんし、仕事をする資格をきちんと持った会社に仕事を任せたいものです。

では、その資格とはなんでしょうか。それは、自治体の水道局から正式にトイレの修理を行ってもよいというお墨付きをもらった水道局の指定工事店のことです。指定工事店は水道局の認可を受けているため、苦情を水道局に持っていくことが出来ます。水道局のホームページにも会社の身元がハッキリと掲載されるため信頼が持てますし、何より頻繁に苦情が来るような業者を自治体が認可していたら大問題です。

現代は簡単に情報を収集出来る時代です。値段や口コミなどで業者を選ぶべきことも、もちろん重要ですが、第一に水道局の指定工事店かどうかを確認するようにしてください。ここがあるとないとでは信用の度合いが大きく変わってしまうのです。

いくらかかるのか

突如として起こるトイレのつまり。その不便さは言うまでもありませんが、突然の出費に頭を痛める人も多いかと思います。一体トイレのつまりの解消にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。

便器自力で直す場合はホームセンターなどでラバーカップ(いわゆる、トイレのスッポン)、パイプブラシ、重曹などのトイレのつまりに効くとされる用具を買い揃えます。3000円くらい持っていけば足りると思います。業者に頼んだ場合、各社によって値段がまちまちですが、安いところで基本料金が5,000円程度というところが多いようです。

業者に頼む場合は、最初にどれくらいの規模の作業を行って、どれくらいの金額がかかるのか見積もりをハッキリ出してもらうことが重要です。また、追加で費用がかからないことを念押しするも大切でしょう。そのためには前もってネットや口コミなどを使って良心的な業者を選ぶことが重要です。比較サイトなどもありますので是非利用してみてください。

トイレの構造は素人が思っている以上に複雑なため、プロの業者に見てもらわなければいけないケースが多々あります。自分で直して安上がりに済ますつもりが状況を悪化させて、結局高くついてしまう場合も珍しくありません。

直せないと判断したら、無理せずにすぐに業者を呼ぶようにしましょう。水回りのトラブルは緊急対応ですので、比較的すぐに来てくれるはずです。

何故業者を呼ぶのか

トイレがつまってしまったら、皆様は一体どんな対処法を試すでしょうか。その家庭で伝わる方法からテレビやインターネットで見かけたやり方など、色々な対処法が世の中には散らばっていますが、どれが正しいのか、きちんと理解をしているでしょうか。

頭抱えるそもそも、トイレのつまりを自らの手で直そうとする行為は大変危険です。トイレのラバーカップは長時間使うべきではありませんし、水回りを弄ることで状況が更に悪化する可能性があります。市販の排水パイプ用洗浄剤を試しても効果が無い場合がほとんどです。つまり、素人がトイレのつまりを直すのは難しいということがよく分かります。

トイレのラバーカップを突っ込んで、つまりを解消する行為は最も一般的なやり方のひとつですが、これで解消する場合は使用してから、ほんの数分で原因が取り除かれることがほとんどです。逆にこれ以上やり続けると、つまりの原因が奥に押し込まれて問題を悪化させます。市販の排水パイプ用洗浄剤は髪の毛を溶かすためのタンパク質分解物質が含まれているため、トイレットペーパーを溶かすためには適しません。

このように、トイレのつまりに対して素人の作業は意味が無いどころか、むしろ悪影響を及ぼす可能性すらあります。下手に触って取り返しのつかない状況を招く前に一刻も早く業者に依頼して解決しましょう。

トイレのつまりは業者へ

日常生活を過ごしていて、まさかのタイミングで起きることもあるトイレのつまり。パニックに陥る人もいれば、直すのにかかる手間やお金に憂鬱になる人もいると思います。こんなときはどうすれば良いのでしょうか。

電卓まず、多くの人は自分の力で何とか治らないか試してみることでしょう。しかし、トイレのつまりは簡単に直る場合もありますが、そうでなければ専門的な知識が無ければ解決出来ない、それどころか、最悪水道管の破損などの重大なトラブルに繋がる危険もあります。また、そうなってしまえば修理代金も跳ね上がります。自分で直そうと用具を買い揃えてたりしていたら、その分のお金まで上乗せされて目も当てられません。業者へ頼んだ場合は安いところで5,000円程度。それ以上かかる場合も丁寧な説明や見積もりをもらっておけば追加の料金を請求される心配もありません。そういった優良店を見つけるコツは水道局の指定工事店かどうかを前もって調べておくことが肝心です。水道局の認可が下りているというとこは信頼と実績、そして確かな技術があるという証です。安心して自分の家を任せられる優良店は水道局の指定工事店の中から探しましょう

普通に1日生活していて、トイレを一回も使わないという人は、まず1人も居ないでしょう。それだけ身近で日常的なトイレが壊れてしまったら、とても不便で困ってしまうのは想像するに難くないです。もしもあなたがトイレのつまりのトラブルに見舞われたときに、この記事が役立つことを祈っています。